オーストラリア・グレートバリアリーフのファン・体験ダイビング、宿泊付ダイブクルーズ  
安心の豪ドル
    お買い物かご 会社案内 お問い合わせ
オーストラリアンツアースペシャリストご予約専用フリーダイヤル
日帰りダイビング ケアンズ ケアンズ発オーバーナイトダイビング オープンウォーターコース(ケアンズ) アドバンスコース(ケアンズ) レスキューコース(ケアンズ) プロフェッショナルコース(ケアンズ) ゴールドコーストダイビング パース・ダイビング エクスマスダイビング ホオジロザメ・ダイビング
   ホテル予約 | 格安航空券   
  トップ > ケアンズダイビングのポイント
買い物かご
買い物かごは空です

安心と信頼
Jata在外賛助会員
ATSは、オーストラリアの旅行協会のATEC、日本旅行協会JATAの海外賛助会員の会員です。

ATSオペレーター
経験豊富な日本人スタッフが、お客様一人一人の大切なご旅行をサポートし、楽しい思い出作りをサポート致します。

インフォメーション

ATS
  モバイル
スマートフォンから
簡単に予約できます!!
ATSスマホサイトQRコード
ATSスマホサイトのご案内



ケアンズダイビングのポイント

ケアンズのダイビングポイントはユニークな名前が多い。日本でのネーミングでは“1番の根”とか“お花畑”といった感じのありきたりのものが多いですが、ケアンズではオージーらしく、ネーミングもおもしろいです。

リーフ…大きめの珊瑚礁を意味し、干潮になると水面上まで珊瑚が露出されます。
パッチ(パッチリーフ)…干潮になっても水面まで出ないタイプの珊瑚礁を意味します。
ボミー…根のこと。小さい規模の珊瑚礁を意味します。
ピナクル…円柱状の形をした根のこと。
パス…珊瑚礁と珊瑚礁の間の空間を意味します。

この意味を理解していると、ボート上で説明を受けたときでも安心ですね。

コッドホール
コッドホール 体長約1.5mもあるカスリハタ(ポテトコッド)、餌付けをしているポイントとして超有名。常時透明度もクリアーで30mは下らない。コッドの餌付けでは約7,8匹集まるだけでなく、巨大ナポレオンフィッシュやウツボも集まる時がある。このポイントはコッドの他にも、ホワイトチップリーフシャークやカスミチョウチョウウオの群やハタタゼハゼやゴミのように浮いているフウライウオの仲間もみられる時もある。流れが浅い方から深い方に向かって流れることもあるので潜る前に注意が必要。また、餌付けをする場所までは各自集合になるため場所を見失わないように。カメラ派ダイバーはワイドレンズを装着すれば、さらに迫力のある写真が撮れることであろう。
深度の幅 8m〜28m
必見の魚、生物…カスリハタ、ナポレオンフィッシュ、ウツボ
レベル…初級〜上級

コーラルシー・オフプレイリーフ・ノースホーン
コーラルシー・オフプレイリーフ・ノースホーン コーラルシーのオスプレイリーフは常時透明度が50m以上悪くても30mというクリアウォーターと何と下が見えない3000mまで落ちているウォールダイビングというダイナミックなダイビングが魅力だ。またサメの餌付け(シャークフィーディング)をするのでメジロザメ、ネムリブカ、時にはハンマーヘッドとものすごい勢いで餌の所までやってきます。また壁沿いにはカスミチョウチョウウオやハナダイが群れている。
深度の幅 15m〜40m
必見の魚、生物…メジロザメ、ハンマーヘッド
レベル…中級〜上級

ピクシーピナクル
ピクシーピナクル大海原に突如、円柱状の珊瑚礁の根が出現、その名もピクシーピナクル。円柱状の根の太さ直系、およそ15メートル水深約36mのところからバビルの塔のように水面に向かってそびえ立っている、自然の神秘には本当に驚かされてしまう。まず、水深約30〜16mまでは様々な種類のウミウシが見つけら、16?6mぐらいまでは岩肌にヨウジウオの仲間やミノカサゴの仲間、6m〜水面まではハナダイやスズメダイの群れ、群れ、群れ。ふと外洋に目をやると、バラクーダやギンガメアジの群れで息をつく間もないファンタスティックなダイビングができる。
深度の幅 4m〜32m
必見の魚、生物…バラクーダ、ギンガメアジ、ウミウシの仲間
レベル…中級〜上級

ダイナマイトパス
ダイナマイトパスリーフの端を流れにまかせてドリフトダイビングがメインのポイント。透明度も他にくらべて常時良く30mは抜けている。このチャネルはマンタに気にいられていて高確率で見ることができる。マンタの他には、メジロザメやバラクーダそしてロウニンアジとビッグスターも揃い、その透明度の高さも含めヨーロッパやアメリカのダイバーにはとっても人気が高い。
深度の幅 8m〜38m
必見の魚、生物…マンタ、メジロザメ、バラクーダ
レベル…中級〜上級

チャレンジャーベイ
チャレンジャーベイ基本的に夕方のダイビング、ナイトダイビングがメインになるポイント。地形は砂地にサンゴが点在、深度の幅もそんなに差がなくビギナーでも楽しめる。ナイトダイビングではアオウミガメやナポレオンフィッシュの寝ている姿やバラクーダ、そしてコブシメ、2m以上にもなるナマコの仲間のイカリナマコ等、様々な種に及ぶ生物が見られるだろう。サンゴの間や下を良く見れば様々な発見があるポイントだ。
深度の幅 8m〜16m
必見の魚、生物…アオウミガメ、ナポレオンフィッシュ、カンムリブダイの群れ、ミノカサゴ、イカリナマコ、アカモンガラ
レベル…初級〜上級

クラムガーデン(別名クラムベッド、別名エイトロックス)
クラムガーデン(別名クラムベッド、別名エイトロックス)リーフによって、白い砂地が広がるとても明るいポイント。そこには大きな岩が点在し、マクロ系の生物達がその隅に隠れているのである。リーフ側が6〜8mだがななめに傾斜しているのですぐに30mになってしまう。このポイントの目玉はその名の通りオオジャコガイである。英語ではジャイアントクラムと呼ばれこの当たりの砂地のあちこちでみられ、年齢約200歳と言われている。人間の頭も入りそうなぐらいの口を開けている。このオオジャコガイの周りにはミノカサゴの幼魚やカクレエビがいる可能性があるので良く見て下さい。またオトメベラがその周辺にテリトリーを作っている場合が多いので、人に攻撃してくる時もある。砂地には、ケラマハナダイ、カジワハナダイなどカラフルな魚が多い。水深約30mの砂地には各種のウミエラが見られ、その中にはウミエラカニダマシなどのレアな甲殻種も見られる。深度の幅 6m〜30m
必見の魚、生物…2m近いオオジャコガイ
レベル…初級〜上級

ハリアリーフ
ハリアリーフリボンリーフ群のちょうど中腹に位置するハリアリーフ。このポイント事体はそんなに難しくなくビギナーでも十分に楽しめる。様々な種類のクマノミやギンポの仲間やハゼの仲間、そしてコショウダイの仲間やブダイの仲間ととてもカラフルな魚達が舞い踊っている。そのカラフルさに輪をかけて、色とりどりのサンゴがダイバーを魅了する。透明度も常時良く、のんびりダイビングができるそんなポイントだ。
深度の幅 8m〜16m
必見の魚、生物…タカサゴの群れ、アヤコショウダイの群れ、コブシメ
レベル…初級〜上級

スティーブスボミー
スティーブスボミーかつて、このポイントをこよなく愛したクルーザーの船長'スティーブ'が亡くなった時、スティーブの冥福を祈りこのポイントをスティーブスボミーとした。このポイントは、もっと北にあるピクシーピナクルと同じタイプの円柱状のサンゴ礁の根が水面付近まで伸びている。だがピクシーのように完全な円柱ではなく水底ふきんに行くに従って太くなっていくのだ。6月から7月にかけてはミンククジラが見られる確率が高い。また特筆すべきなのは、 水面付近にいるボロカサゴの仲間(WEEDY SCORPION FISH)、また、ハダカハオコゼや変わったウミウシそして、外洋をみるとバラクーダやギンガメアジの群れと時間の過ぎるのを忘れてしまう夢のようなポイントだ
深度の幅 4m〜36m
目玉の魚、生物…バラクーダ、ギンガメアジ、ボロカサゴの仲間、ハダカハオコゼ、ウミウシ
レベル…初級〜上級

テンプル・オブ・ドーム(別名フィッシュマーケット)
テンプル・オブ・ドーム(別名フィッシュマーケット)フィッシュマーケットという名の通り魚達の種類は豊富で、魚の壁、壁、壁といったポイントである。また、美しいサンゴ礁の上をダイビングすることもあるので中性浮力にはとても注意すべきであろう。ウミガメ、ロウニンアジ、カスミアジという大物からハコフグの幼魚、モンガラカワハギ等愛らしい魚達、またジンベイザメやミンククジラの目撃例も何度もある夢のようなポイント。流れさえ強くなければビギナーダイバーには最高のポイントである。
深度の幅 6m〜22m
必見の魚、生物…色とりどりのサンゴ、魚の群れ
レベル…初級〜上級

エスケープリーフ
エスケープリーフかのMr.サカナさんこと笠井雅夫さんは、グレートバリアリーフのポイントの中でこのポイントが一番面白かったというコメントを残した。つまり、マクロ系では他のポイントよりも優れていることであろう。ニシキフウライウオの仲間、カニハゼ、ハタタテハゼ、クロユリハゼ、オドリハゼ、クビアカハゼ等、様々な種類のマクロ系生物達がこのポイントに住んでいる。大物慣れしたダイバーにはとても目が細部まで行き届かないかもしれないが、私も面白いポイントだと思うので、1人でも多くの方にこのポイントの良さを理解してほしいと思う。
深度の幅 8m〜20m
必見の魚、生物…マクロの魚
レベル…初級〜上級

エイジンコートリーフ・ビアガーデン
エイジンコートリーフ・ビアガーデンナイトダイビングで潜るポイント。ここでは約2m近くもあるロガーヘッドタートル(アカウミガメ)やグリーンタートル(アオウミガメ)などの各種のカメを見ることができる。その他にもグレートバリアリーフ国有のエピュレットシャーク(モンツキテンジクザメ)やオオセ、時には2mオーバーのトラフザメが出現したりと様々な珍種の目撃例もある。


ヨーキーズパッチーズ

ヨーキーズパッチーズ ケアンズ最高のポイントの中の1つ。辺り一面お花畑のようにカラフルなサンゴが生い茂っていて、その上をダイビングすることになります。ですから、このポイントは中性浮力を確実にとることが楽しむカギとなります。大物が見られ、バラクーダやカンムリブダイ、オニイトマキエイも出現してくることもある。夢のようなポイントです。このポイントは他のリーフと違って干潮になっても、水面までサンゴが露出しない、完全なリーフの途中の段階のパッチリーフというタイプです。そのため、風や流れの影響を受けてしまうためによほどの凪でないと潜ることが出来ません。ジンベエザメも出ることもあるので、潜れたときはワイドレンズを持っていた方が良いかも知れません。
(水深の幅4m〜38m)

ノーマンリーフ・シャークマウンテン
ノーマンリーフ・シャークマウンテン 初級者、上級者まで楽しんで頂ける2つポイントを持つダイナミックスポットです。枝サンゴの美しく、波の穏やかな浅いエリアと豪快なドロップオフに回遊魚、サメが多く又一風変わった小さな生物達が見られます。特に珊瑚礁の残骸では、ハダカハオコゼやテーブルサンゴの裏側には、ボロカサゴも発見されています。ムチヤギをよく見るとビシャモンエビも発見できることでしょう。浅瀬の方に行くと、レッドアンドブラックアネモネフィッシュ(日本で言うハマクマノミに似たクマノミ)が群れをなしているクマノミ城も大変美しい。カメラ派ダイバーはマクロも必携です。(水深の幅6m〜28m)

サクソンリーフ・コーラルガーデン
サクソンリーフ・コーラルガーデン 砂地とサンゴが交互に点在する全体的に浅いポイントです。“フィッシュボウル”といわれる枝サンゴの上にノコギリダイやアカヒメジまたロクセンスズメダイ等が群れる場所があり、スノーケラーの方から経験のあるダイバーまで楽しんでいただけるポイントです。(水深の幅6m〜16m)


ヘイスティングスリーフ・タートルボミー

ヘイスティングスリーフ・タートルボミー ピナクルと呼ばれている円柱状のサンゴ礁が、何個も水面まで伸びている一風変わったポイントです。また、名前の由来となるカメのコウラのカタチをした、大きな根もあって、どちらを潜っても面白いポイントです。ピナクルの周りにはタカサゴやバラクーダの群れ、さらに1mを超すカンムリブダイの群れ、またピナクルを良く見るとマクロな魚達が、穴に入っているのも見られることもあります。1mを超えるウミウチワも必見!(水深の幅6m〜26m)

ヘイスティングスリーフ・フィッシュボウル
ヘイスティングスリーフ・フィッシュボウル “くりんっっ”とおわん状にくりぬけたReefの中にお魚達が集まっています。ここでは90%の確率でナポレオンフィッシュに会えます!これがまた人なつっこくてかわいらしいっっっ!アカマダラハタ、クマノミ5種オオシャコガイがもりもりと・・。



ブレーキング・パッチーズ

ブレーキング・パッチーズ とにかく枝サンゴのきれいなポイント。サンゴの色が、青・赤・紫・緑とかなり多く、ラッキーだったらサンゴの間にいるモンツキテンジクザメが見られるかもしれません。しかもここにいるオオジャコ貝は1.5m位ある巨大なものです。ビギナーからお楽しみ頂けます。また、オオジャコガイをすみからすみまで調べているとたまに、ミノカサゴの透明な幼魚やカクレエビの種類を探すことができます。サンゴの残骸には多くのウミウシの仲間が見られることもあります。(水深の幅6m〜16m)

ミコマスリーフ・バナナボミー
ミコマスリーフ・バナナボミー ソフトコーラルのお花畑があちこちに広がっています。カメの寝どころもわさわさと。ニセアカホシカクレエビの集団ダンスも見られますよ。地形もおもしろく、ミニケープもあったりして。シュノーケルでも楽しめるポイント。モンツキカエルウオも!



ミルンリーフ・スリーシスターズ

ミルンリーフ・スリーシスターズ 潜った人、誰もがとりこになるのがこのポイント。1番手前の1の根のSWIM THROUGHにはクダゴンベが。ここはお魚が多く、バラクーダ、ホワイトチップシャーク、マダラタルミの群れ。運が良ければガメラ級のカメにも会えるかも!クマノミ3種



ミルンリーフ・スイミングプール

ミルンリーフ・スイミングプール ボートの下に広がる砂はなーんと星の砂。浅場のサンゴはとってもきれい。ヒーリングダイブができますよっっ。ボートのうしろの小さな根には、スカシテンジクダイの群れ。チンアナゴの小さなコロニーも。オドリハゼにも会えるかも!?



フリンリーフ・トレーシーズ

フリンリーフ・トレーシーズ 透明度はピカいちっっっ。時期によってはマンタに出会えるかも?日帰りではめずらしいポテトコッドにお目にかかれるかもしれません。ホワイトチップシャークも間近で見られたりして。壁にはきれいなパープルビューティー。



テッドフォードリーフ・ホースシューボミー
テッドフォードリーフ・ホースシューボミー馬のくつわの形に似ているので、この名がつきました。ここは地形がおもしろく、ここは地形がおもしろく、SWIM THROUGHできる所が何カ所もあります。根の裏側に広がる浅場のサンゴはラブリー!ロウニンアジナポレオンにも会えますよ。




【ケアンズダイビングお役立ち情報】
グレートバリアリーフ・ケアンズエリアのマップ   カメラ派ダイバーのみなさまへ   ケアンズダイビング初心者の方へ
世界遺産グレートバリアリーフ   ケアンズダイビングのポイント   ケアンズ日帰りダイビングの選び方
ケアンズダイビングスクールの凄い点   1人でのケアンズダイビングツアー参加   ケアンズ・オーバーナイトクルーズの選び方
ケアンズダイビングの種類と注意事項   体験ダイバーへアドバイス   ケアンズ・オーバーナイトクルーズの楽しみ方
ケアンズで見れる水中生物   船酔いなんか怖くない!   ケアンズオーバーナイトクルーズ食事は?

クレジットカード
クレジットカード
近年ホテルやレストランでの支払いで、クレジットカードで支払った場合、手数料を約2%-3%をお客様が負担することが多々ございます。ATSではこの手数料を当社で負担致します。

ATS
  モバイル

会社案内
オフィス写真

所在地
1/129 Abbott St
Cairns QLD 4870

電話番号
+61-7-4031 2600

フリーダイヤル(現地)
1800-015-016

日本全国から市内通話料金
050-5532-2600

営業時間(日本時間)
9:30〜18:00(平日)
10:00〜17:00(土曜日)

定休日
日曜日、12月25日、1月1日





日本からのご予約専用フリーダイヤル


オーストラリアのダイビングツアーはオーストラリアンツアースペシャリスト(ATS)

オーストラリア政府公認旅行業 ライセンスNoTAG1501(QLD)
日本旅行業協会在外賛助会員 メンバーNo42523
オーストラリアン・ビジネス・ナンバー(ABN)34-080-087-421

Copyright ©1997 - 2017 Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.