オーストラリア・グレートバリアリーフのファン・体験ダイビング、宿泊付ダイブクルーズ  
安心の豪ドル
    お買い物かご 会社案内 お問い合わせ
オーストラリアンツアースペシャリストご予約専用フリーダイヤル
日帰りダイビング ケアンズ ケアンズ発オーバーナイトダイビング オープンウォーターコース(ケアンズ) アドバンスコース(ケアンズ) レスキューコース(ケアンズ) プロフェッショナルコース(ケアンズ) ゴールドコーストダイビング パース・ダイビング エクスマスダイビング ホオジロザメ・ダイビング
   ホテル予約 | 格安航空券   
  トップ > ケアンズダイビングの種類と注意事項
買い物かご
買い物かごは空です

安心と信頼
Jata在外賛助会員
ATSは、オーストラリアの旅行協会のATEC、日本旅行協会JATAの海外賛助会員の会員です。

ATSオペレーター
経験豊富な日本人スタッフが、お客様一人一人の大切なご旅行をサポートし、楽しい思い出作りをサポート致します。

インフォメーション

ATS
  モバイル
スマートフォンから
簡単に予約できます!!
ATSスマホサイトQRコード
ATSスマホサイトのご案内



ケアンズダイビングの種類と注意事項

グレートバリアリーフ・ケアンズのスキューバダイビングは世界的に見ても大変盛んな場所であり、旅行者はもちろんのこと地元のダイビング好きな方々にも大変に人気があるスポーツです。年間を通して温暖な気候に恵まれ1年中ダイビングすることができます。ダイビングポイントもバラエティに富んでおり、ビギナーから経験者まで楽しむことができることでしょう。ダイビングスタイルも日帰りダイビングから、複数日をダイビングしまくる大変人気のあるダイビングクルーズまで様々なタイプがあるので、ご自身のご希望に合ったスタイルをお選びください。

■日帰りファンダイビング
ケアンズやポートダグラスをベースにし、日帰りで港に戻ってくるため、夜に町で遊びたい方には最高のプランです。1日2ダイブから3ダイブが基本になっていて-、ほとんどの日帰りダイビングツアーは空港送迎や昼食も料金に含まれることが多く、サービスやガイドに力を入れております。体験ダイビングも可能なので、ライセンスのない方と一緒に行っても、一人はファンダイブでもう一人は体験ダイブということも可能です
(DIVE7SEAS、TUSA DIVE、SEAQUEST、REEFQUEST)

■オーバーナイトダイビングクルーズ

ケアンズやタウンズビルをベースにし、宿泊施設のあるボートに宿泊して複数日をダイビングしまくるダイビングスタイルで、ダイビングをとにかく数多くしたいダイバーには最高です。ダイビングクルーズにはすべての食事と宿泊代が含まれるのでかなりお得です。
(TAKA DIVE、MIKEBALL、OCEANQUEST、PRODIVE、SPIRIT of FREEDOM)

■ダイビングスクール
ダイビングのスキルをレベルアップしたい!また、上のレベルの認定が欲しい、もしくはダイバーになりたい!という方にも最適な町ケアンズ。ケアンズのダイブショップは大きな温水プール、クラスルーム、メンテナンスワークショップも併設しているので、どのレベルのダイビングトレーニングにも最高のコンディションで講習が受けられますし、海洋実習も年間を通して温暖なグレートバリアリーフのため、オフシーズンがありません。
(DEEP SEA DIVERS DEN)

ナポレオンフィッシュ
日帰りクルーザー オーバーナイトクルーザー

■チャーターボート
お知り合い同士や仲間を集めて一緒にダイビングというのは如何でしょうか?ケアンズではダイビンググループや大学生のダイビングサークルのためのチャーターボートもアレンジいたします。格安な料金で、お互いに良く知っているもの同士のダイビングは最高です。また、ポイントも皆様で決められるので手作りのダイビング旅行が企画できることでしょう
(TUSA DIVE)

■気温について…
水温は真冬でも20度を割ることはなく、5mmのウエットスーツがあればOKです。逆に夏場は29度近く温度が上がるので3mmのショートのスプリングというタイプのウエットスーツで十分です。あまりにも寒がりの方は、5mmの2ピースをお持ちになった方が良いかも知れません。冬場は風が若干冷たくなってくるので、エクジット後、すぐにウエットスーツを脱いで、体を乾かせばになればあまり寒さを感じませんが、ずっとウエットスーツを着た
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温 31.5 31.3 30.5 29.0 27.3 25.8 25.4 26.6 27.9 29.4 30.6 31.3
最適気温 23.6 23.7 22.9 21.5 19.8 18.1 16.7 17.6 18.7 20.5 22.4 23.3
ウェット 3mm 3mm 3mm
5mm
3mm
5mm
3mm
5mm
5mm 5mm 5mm 5mm 3mm
5mm
3mm 3mm
※ままで寒風にさらされたままだとさすがに寒くなります。ドライスーツはあまり必要はありません。
※ウェットはフルです。

■ケアンズのダイビング器材
レンタルはかなりレベルが高く、すべてレンタルしてしまっても問題ないかと思います。ですが、ウエットスーツのレンタルは基本的に半ぞで半パンのスプリングというタイプが多いので、寒がりの方は自分のウエットスーツは持っていた方が良いかと思います。また、ダイビングコンピューターをお持ちの方は自分のものをお持ちください。オーバーナイトダイブトリップをされるなら必ずお持ちください。1日4ダイブが主となるオーバーナイトダイブクルーズは、ダイブテーブルを利用する場合は、結構オーバーテーブルになってしまって、24時間ダイブ出来ない方がいらっしゃるからです。

■日本ではあまり問題にされないことが多いのですが以下のことを注意してください。
1)1本目が一番深いダイビングで浅くなるように計画すること。これを破るとダイビング停止になるときもある
2)ダイビングコンピューターは1人1個持たないといけない、コンピューターを持っている人についていった場合はダイブテーブル扱いになる。
3)無減圧潜水が基本、その上全てのダイブで5mで3分間の安全停止を実施して浮上すること

また、ガイドがないダイビングの場合は必ず、ダイブポイントの説明を聞き、分からないところがあったら質問してください。バディーは日本人でないダイバーになることが良くあるので、予めそのバディーと打ち合わせをしてください。基本的に外国人は結構速い動きなのであれよあれよという間に先に行ってしまいますので、予めの打ち合わせが必要です。

船酔いしそうな方は、船酔い止め薬(英名SEA SICK TABLET)を購入して、出航前に飲んでおいてください

ダイバー
オーバーナイトクルーザーのサンデッキ 日帰りクルーザーのバックデッキ


【ケアンズダイビングお役立ち情報】
グレートバリアリーフ・ケアンズエリアのマップ   カメラ派ダイバーのみなさまへ   ケアンズダイビング初心者の方へ
世界遺産グレートバリアリーフ   ケアンズダイビングのポイント   ケアンズ日帰りダイビングの選び方
ケアンズダイビングスクールの凄い点   1人でのケアンズダイビングツアー参加   ケアンズ・オーバーナイトクルーズの選び方
ケアンズダイビングの種類と注意事項   体験ダイバーへアドバイス   ケアンズ・オーバーナイトクルーズの楽しみ方
ケアンズで見れる水中生物   船酔いなんか怖くない!   ケアンズオーバーナイトクルーズ食事は?

クレジットカード
クレジットカード
近年ホテルやレストランでの支払いで、クレジットカードで支払った場合、手数料を約2%-3%をお客様が負担することが多々ございます。ATSではこの手数料を当社で負担致します。

ATS
  モバイル

会社案内
オフィス写真

所在地
1/129 Abbott St
Cairns QLD 4870

電話番号
+61-7-4031 2600

フリーダイヤル(現地)
1800-015-016

日本全国から市内通話料金
050-5532-2600

営業時間(日本時間)
9:30〜18:00(平日)
10:00〜17:00(土曜日)

定休日
日曜日、12月25日、1月1日





日本からのご予約専用フリーダイヤル


オーストラリアのダイビングツアーはオーストラリアンツアースペシャリスト(ATS)

オーストラリア政府公認旅行業 ライセンスNoTAG1501(QLD)
日本旅行業協会在外賛助会員 メンバーNo42523
オーストラリアン・ビジネス・ナンバー(ABN)34-080-087-421

Copyright ©1997 - 2018 Australian Tour Specialists. All Rights Reserved.